劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 評価と感想/初まどマギ

[新編] 叛逆の物語 評価と感想
スポンサーリンク

初まどマギ  ☆4点

予告編

映画データ

ぴあ映画生活
新作映画の試写会、ニュース、クチコミ、映画館上映情報、予告編、DVD販売、メルマガ,DEV

あらすじ

中学校に通い平凡に暮らしていた鹿目まどか(声:悠木碧)が、身を呈して魔法少女たちを悲しき連鎖から解き放った後の世界。まどかを救うためにこれまで尽力してきた暁美ほむら(声:斎藤千和)は、その後も魔法少女として戦い続けていた。そして彼女は心の中で、あの懐かしい笑顔との再会を望んでいた……。

MovieWalkerより引用)

感想

友人(TVシリーズ視聴済み)が見たいというので観てきました。
自分はTVシリーズ見てません。

感想は、全般的に哲学的な感じで難しかったです。
エヴァンゲリオンみたいな感じかなぁ。

とはいえ、映画版だけを観ても分かるように導入部は丁寧に作られていたと思います。
変身シーンとか長かったですもんね。

あとTVシリーズを見てないので、単純に絵とか凄いと思いました。
パッチワークじゃないや、切り絵っぽい感じとか、ダークな感じのところは『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』っぽい気もしました。

Wikipediaによると絵コンテのカット数では『もののけ姫』よりも多いとかで力入ってるなぁと思いました。

新編と打っているのでTV版とは違うのでしょうが、まどマギの世界観楽しめました。
TVシリーズも機会があれば観てみたいです。

鑑賞データ

シネマサンシャイン池袋 ファーストデイ 1000円

コメント