この世界の片隅に 評価と感想/原爆投下までの日常を淡々と描く良作

スポンサーリンク
広告(大

『あまちゃん』ののん(能年玲奈)さんが演じる意義 ☆5点

予告編


映画データ
映画『この世界の片隅に』の作品情報:「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られる、こうの史代のコミックをアニメ化したドラマ。戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛ける。
『この世界の片隅に』は2016年の映画。『この世界の片隅に』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
評判が良さそうなので観に行ってきました。
事前の情報はあまり仕入れず、漫画原作も未読です。

戦時中の話というくらいの設定は知っていたので、お涙頂戴的な感じなのかな?と思いきや当時の日常生活をユーモアを交えながら淡々と描く良作でした。

物語は広島市でのすずの幼少期からの生活を描いていて、昭和10年くらいからでしょうか。
はじめ、これを見てるときに昭和20年8月6日の広島市への原爆投下に帰結するのに気づかなくて。
というか、本当にそれくらいノスタルジックな雰囲気で『ALWAYS 三丁目の夕日』見てるみたいにほっこりさせるのです。まだ本格的に戦争に突入する前だというのもあります。
すずのおっとりしたキャラクターもよかったと思います。

この映画がよかったのは、いわゆるステレオタイプ的な戦時中の描き方をしてなくて、例えば憲兵のくだりなんかでも、普通はあんな風になると家族や近所から責められる描写になるんですが、憲兵のあまりの的外れさに家族が爆笑してるところで、戦時中だと必ず暗く重くってなるんですが、実際には戦時中だって楽しいことや面白いことがあった訳で、そういうところをちゃんと描いてる点です。「伊藤家の食卓」的な料理法とかもありました。

というのも、実際、近所のおばあちゃんたちに戦時中の話を聞くと、辛い、重いって話ばっかりではなく、すずの妹のすみの話みたいに女子挺身隊での工場労働なんかでも、軍人さんとの淡い恋心や恋バナを聞きましたし、そういうのを楽しそうに話すんですよね。今の若いの子の恋バナと変わらないですよ。
だから、この作品を見てて逆にリアルだなぁと思いました。

すずは結婚して嫁いだ先の呉市での空襲で、目の前で姪を亡くし、絵を描くことが大好きだった自身の右手も失ってしまう訳ですが、この辺の描写も過度に感傷的に描かずに淡々と描いていて好感がもてました。
実際、名もない市井の人だってこれくらい強いんですよね。東日本大震災で被害に遭われた方を見てもそう思います。マスコミなんかは必要以上に弱者を作り出そうとしますが。

しかしながら、主人公のすずの声を演じた能年さんがよかったですね。
この方は『あまちゃん』でブレイクする前、『カラスの親指』という映画で非常にいい演技をされていたので注目していたのですが、まさかあそこまでブレイクするとは。
そして『あまちゃん』も物語の通過点として東日本大震災があった訳で、今作を演じることに感慨深いものがありますし、現在、御自身を取り巻く現況は苦しいですが、今作が『あまちゃん』のように口コミでじわじわとヒットしてることも、特別な何かを感じさせてくれます。

それにしても今年のアニメ作品は『君の名は。』と『聲の形』と良作ぞろいですし、邦画自体、良作が多いところに年末にきて、この1本は嬉しいですね。

PS:この作品以前に北川景子さん主演でドラマ化されてたことあるんですね。そのときは評判よくなかったみたいですが…

ユーロスペース 一般料金 1800円
2016年 137作品目 累計151700円 1作品単価1107円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする