キングコング:髑髏島の巨神 評価と感想/5代目スケバン刑事参上

スポンサーリンク
広告(大)

コングやトカゲはいい。サミュエルが ☆3.5点

予告編


映画データ
映画『キングコング:髑髏島の巨神』の作品情報:キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作。島に潜入した調査隊が正体不明の巨大生物と遭遇し、壮絶な死闘を繰り広げる。監督は、主にテレビシリーズに携ってきたジョーダン・ヴォート=ロバーツ。
『キングコング:髑髏島の巨神』は2017年の映画。『キングコング:髑髏島の巨神』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
評判よさそうなので観て参りました。2D字幕版で鑑賞です。

キングコングはピーター・ジャクソン版は見てなくて、ジョン・ギラーミン版を淀川長治先生の日曜洋画劇場で見た記憶はあるのですが内容は忘れました。

コングの造形やトカゲやクモの気持ち悪さ、トカゲに丸のみされたチャップマンの髑髏とか、クモの脚に串刺しにされた食人族状態の悪趣味さとかは好きなんですが、どうも大嫌いな『ジュラシック・ワールド』感もあり☆3.5点としました。

まったく理不尽なヒドい映画でした  ☆1点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)ジュラシックシリーズはテレビでも何度も...
大怪獣決戦的なファンタジー感はいいのですが、そこにベトナム戦争のリアルさを持ち込んでプレストン・パッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)なる人物を登場させたのは全くノレませんでした。
なんか製作陣は『地獄の黙示録』とか言ってますけどカーツ大佐みたいにしたかったんだろうか?

ビル・ランダ(ジョン・グッドマン)がトカゲに丸飲みされるのは自業自得として、一番ビビッてたランドサットの隊長ビクター・ニーブス(ジョン・オーティス)とかが翼竜みたいのに連れてかれて殺されちゃうのとか解せません。雑魚キャラだからって扱いで。
パッカード大佐の方がヒドいのに殺され方はおとなしい、っていうか描かれて無く、爆弾も中途半端でよく分からなかったです。
結果的に部下が裏切るのはよかったですが。

それからがジェームス・コンラッド(トム・ヒドルストン)がわりと空気だったなと。
なんか登場の仕方はわりと凄腕の傭兵みたいな感じでしたけど、見せ場は日本刀持って斬ってくトコくらいな気が。
あのシーンは『ゴーストバスターズ』のホルツマン感ありました。


いい感じにリブート ☆4.5点 予告編映画データ本国アメリカでは、公開される前から主人公が女性だけなんて性差別だと...
ブリー・ラーソンは『エイミー、エイミー、エイミー』のときの方が可愛かったですが、ずっとタンクトップなのはよかったです。
アメリカNo.1コメディエンヌ エイミー・シューマー日本初見参 ☆5点 予告編は観たこと無かったんですけど、ヒューマントラストシネマ渋谷で大きいポスターが貼られていたので鑑賞。 ポスター見た感じは、あんまり主人公可愛くないし、こじらせとか書いてあったんで、洗練される前のレニー・ゼルウィガーが主演した、1の頃の『ブリジット・ジョーンズの日記』を思い浮かべました。
ただトムヒと併せてヒルに食われたりしないんだろうか?

29年間暮らしてたハンク・マーロウ(ジョン・C・ライリー)のエピソードはよかったですが、30年ぶりに帰って来られても困るだろうなぁ?と思いまして、再婚してなくてよかったなと思いました。

コール(シェー・ウィガム)の自爆はあれギャグなんですかね?
トカゲの尻尾に吹き飛ばされるって訳分からん。

よかったのは、キングコングがチェーンの先に船のスクリューが付いたのを投げてヨーヨー武器みたいにしてたのはよかったです。
コングが「なんの因果かマッポの手先」とか言い出すんじゃないかと思いました。

元は敵だったハンクと島に残ったグンペイ・イカリ役のMIYAVIさんは『不屈の男 アンブロークン』といい、すっかり日本兵役が板についてますな。

反日映画では無いが映画としてはいまいち ☆3点 予告編映画データ (シネマトゥデイ)(ぴあ映画生活)1年前に反日...
「反日」批判から劇場探しも難航した映画「不屈の男 アンブロークン」。ミュージシャン、MIYAVIさんは、なぜ軍曹役を引きつけたのでしょうか?
やっぱり海外の人には『戦場のメリークリスマス』の坂本龍一さんのイメージがあるのでしょうかね。

エンドロール後にもうワンシーンあるのですが、本作はモンスターバース(マーベル・シネマティック・ユニバースみたいなやつ)の2作目だそうで、1作目がギャレス・エドワーズ版『GODZILLA ゴジラ』だそうなので、そういう風になりますので要チェックです。

つまらなくは無くて面白いは面白かったんですけど、どうにもベトナム戦争で引っかかってしまったキングコング:髑髏島の巨神でした。

丸の内ピカデリー SMTメンバーズ 次回割引クーポン 1200円
2017年 46作品目 累計44200円 1作品単価961円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ