キングコング:髑髏島の巨神 評価と感想/5代目スケバン刑事参上

キングコング 髑髏島の巨神 評価と感想
広告

コングやトカゲはいい。サミュエルが ☆3.5点

予告編

映画『キングコング:髑髏島の巨神』日本版予告編【HD】2017年3月25日公開

映画データ

キングコング:髑髏島の巨神 (2017) - シネマトゥデイ
キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作。島に潜入した調査隊が正体不明の巨大生物と遭遇し、壮絶な死闘を繰り広げる。
キングコング:髑髏島の巨神|映画情報のぴあ映画生活
『キングコング:髑髏島の巨神』は2017年の映画。『キングコング:髑髏島の巨神』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

評判よさそうなので観て参りました。2D字幕版で鑑賞です。

キングコングはピーター・ジャクソン版は見てなくて、ジョン・ギラーミン版を淀川長治先生の日曜洋画劇場で見た記憶はあるのですが内容は忘れました。

あらすじ

未知生命体の存在を確認しようと、学者やカメラマン、軍人からなる調査隊が太平洋の孤島“スカル・アイランド(髑髏島)”にやって来る。そこに突如現れた島の巨大なる“守護神”キングコング。島を破壊したことで、“彼”を怒らせてしまった人間たちは究極のサバイバルを強いられる。しかし脅威はこれだけではなかった。狂暴にしてデカすぎる怪獣たちが、そこに潜んでいた!

この島では、人類は虫けらに過ぎない・・・・・・そう悟った時は遅かった。なすすべもなく逃げ惑う人間たち。彼らがやがて知ることになる、島の驚くべき秘密とは!? 果たして調査隊は、島から脱出することができるのか!?

公式サイトより引用)

ネタバレ感想

コングの造形やトカゲやクモの気持ち悪さ、トカゲに丸のみされたチャップマンの髑髏とか、クモの脚に串刺しにされた食人族状態の悪趣味さとかは好きなんですが、どうも大嫌いな『ジュラシック・ワールド』感もあり☆3.5点としました。

ジュラシック・ワールド 評価と感想/スピルバーグ総指揮でこの人命軽視ぶり
まったく理不尽なヒドい映画でした  ☆1点 予告編 映画データ あらすじ コスタリカ沖の島に建設された“ジュラシック・ワールド”は、本物の恐竜を身近に体験できるテーマパーク。安全な環境の中で、訪れた家族連れが様々な恐...

大怪獣決戦的なファンタジー感はいいのですが、そこにベトナム戦争のリアルさを持ち込んでプレストン・パッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)なる人物を登場させたのは全くノレませんでした。
なんか製作陣は『地獄の黙示録』とか言ってますけどカーツ大佐みたいにしたかったんだろうか?

地獄の黙示録 特別完全版 [Blu-ray]
マーロン・ブランド
¥ 1,391(2018/12/11 03:02時点)

ビル・ランダ(ジョン・グッドマン)がトカゲに丸飲みされるのは自業自得として、一番ビビッてたランドサットの隊長ビクター・ニーブス(ジョン・オーティス)とかが翼竜みたいのに連れてかれて殺されちゃうのとか解せません。
雑魚キャラだからって扱いで。

パッカード大佐の方がヒドいのに殺され方はおとなしい、っていうか描かれて無くて、爆弾も中途半端でよく分からなかったです。
結果的に部下が裏切るのはよかったですが。

それからがジェームス・コンラッド(トム・ヒドルストン)がわりと空気だったな、と。
なんか登場の仕方はわりと凄腕の傭兵みたいな感じでしたけど、見せ場は日本刀持って斬ってくトコくらいな気が。
あのシーンは『ゴーストバスターズ』のホルツマン感ありました。

映画『ゴーストバスターズ』-ホルツマン編
ゴーストバスターズ(2016) 評価と感想/リブートとしては上手かったです
いい感じにリブート ☆4.5点 予告編 映画データ あらすじ ニューヨークのコロンビア大学で教鞭を執る物理学者エリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)の元に、幽霊の調査依頼が舞い込む。彼女がかつて幽霊本を出版したこと...

ブリー・ラーソンは『エイミー、エイミー、エイミー』のときの方が可愛かったですが、ずっとタンクトップなのはよかったです。

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方 評価と感想/クソバカお下品ラブコメで面白い!
アメリカNo.1コメディエンヌ エイミー・シューマー日本初見参 ☆5点 予告編 映画データ 予告編は観たこと無かったんですけど、ヒューマントラストシネマ渋谷で大きいポスターが貼られていたので鑑賞。 ポスター見...

ただトムヒと併せてヒルに食われたりしないんだろうか?

29年間暮らしてたハンク・マーロウ(ジョン・C・ライリー)のエピソードはよかったですが、30年ぶりに帰って来られても困るだろうなぁ?と思いまして、再婚してなくてよかったなと思いました。

コール(シェー・ウィガム)の自爆はあれギャグなんですかね?
トカゲの尻尾に吹き飛ばされるって訳分からん。

よかったのは、キングコングがチェーンの先に船のスクリューが付いたのを投げて、ヨーヨー武器みたいにしてたのはよかったです。

スケバン刑事

コングが「なんの因果かマッポの手先」とか言い出すんじゃないかと思いました。

元は敵だったハンクと島に残ったグンペイ・イカリ役のMIYAVIさんは『不屈の男 アンブロークン』といい、すっかり日本兵役が板についてますな。

不屈の男 アンブロークン 評価と感想/なぜ叩かれまくったのかが分からない
反日映画では無いが映画としてはいまいち ☆3点 予告編 映画データ 1年前に反日映画だと騒がれて話題になった本作。 1年経ってようやく公開に至った訳ですが、これのどこが反日映画なの?とビックリするくら...
これは「反日」映画なのか?捕虜虐待の軍曹役、MIYAVIの心境 - withnews(ウィズニュース)
「反日」批判から劇場探しも難航した映画「不屈の男 アンブロークン」。ミュージシャン、MIYAVIさんは、なぜ軍曹役を引きつけたのでしょうか?

やっぱり海外の人には『戦場のメリークリスマス』の坂本龍一さんのイメージがあるのでしょうかね。

merry christmas mr lawrence (1983) - the forbidden kiss
Merry Christmas Mr. Lawrence (Japanese: Senjō no Merī Kurisumasu (戦場のメリークリスマス Battlefield Merry Christmas?)), also known as Furyo (俘虜 Prisoner Of War?) in ma...

エンドロール後にもうワンシーンあるのですが、本作はモンスターバース(マーベル・シネマティック・ユニバースみたいなやつ)の2作目だそうで、1作目がギャレス・エドワーズ版『GODZILLA ゴジラ』だそうなので、そういう風になりますので要チェックです。

GODZILLA ゴジラ(字幕版)
アーロン・テイラー=ジョンソン
¥ 2,000(2018/12/11 03:02時点)

つまらなくは無くて面白いは面白かったんですけど、どうにもベトナム戦争で引っかかってしまった『キングコング:髑髏島の巨神』でした。

鑑賞データ

丸の内ピカデリー SMTメンバーズ 次回割引クーポン 1200円
2017年 46作品目 累計44200円 1作品単価961円

コメント