『彼らが本気で編むときは』評価と感想/日本版チョコレートドーナツ?

スポンサーリンク
広告(大)

りりィさんの遺作です ☆3点

予告編はこんな感じです


映画データはこちらからどうぞ
映画『彼らが本気で編むときは、』の作品情報:『かもめ食堂』『めがね』などの荻上直子監督が手掛けたオリジナル脚本の人間ドラマ。母親に育児放棄された少女が叔父とその恋人に出会い、共同生活をするさまを描く。
『彼らが本気で編むときは、』は2017年の映画。『彼らが本気で編むときは、』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
『かもめ食堂』の荻上直子監督作品でジャニーズの生田斗真さんがトランスジェンダー役を演じられた作品です。
かもめ食堂は観てるような観てないような感じなんですけど、たぶん観てないな。パスコのイメージが強いんだと思います。

本作は丸の内ピカデリーで観たんですけど、予告編は以前、他の作品を丸の内ピカデリーで観たときに2回くらい観てて、面白そうだなと思ったので鑑賞しました。

荻上監督は5年ぶりの新作だそうで、前作は『レンタネコ』でしたか。
レンタネコはテアトル新宿の予告編でよく観ていて、行こう行こうと思って行かずだったのですが、あれからもう5年って早過ぎる(絶句)。

本作のあらすじは、娘のトモ(子役:柿原りんか)より男を優先するネグレクトなシングルマザーの母(ミムラ)が家を出て行ってしまったので、三省堂書店員である母の弟のマキオ(桐谷健太)が、姉が帰ってくるまで姪であるトモを預かるんですが、以前にも同じようなことがあって、そのときはwiiのゲームをしたりして2人楽しく暮らしていました。
今回、以前と違うのは、マキオは性同一性障害の彼女リンコ(生田斗真)と同棲していて3人で暮らすことになったので、トモは偏見もあって戸惑うんですが、徐々に偏見も取れて心を通わせていくって話です。

最初観てたときは思わなかったのですが、リンコとトモが仲良くなって、リンコがトモを養子に欲しがる辺りから『チョコレートドーナツ』っぽいなと思いました。

『チョコレートドーナツ』評価と感想/素晴らしい映画です
無償の愛に涙 ☆5点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)アラン・カミング演じるルディが包むマルコへの無償の愛は、穏や...
それでそう思って観てたら、江口のりこさん演じる児童相談所の人が、子供を育てるのにふさわしくない環境ではないかと通報があった、と言って来たので、やっぱり『チョコレートドーナツ』だと思いました。

作品の印象は基本的には、トランスジェンダーというテーマに真面目に向き合って作られている作品だと思うんですけど、全体的なエピソードが弱いというか、脚本が弱いといいますか。

と、いいますのも偏見の描き方がステレオタイプ過ぎるんですね。
『チョコレートドーナツ』の場合は1970年代の舞台設定なので偏見の描かれ方も分かるんですが、それでも外見的な差別というのは無くて、どちらかというと法律的なものが追い付いてないジレンマだったのですが、本作ではトモの幼馴染のカイ君の母(小池栄子)の偏見の描かれ方がステレオタイプ過ぎて、いまどきあんな人いるかなぁ?って感じでした。


しかも、その幼馴染のカイ君自身がゲイで小学校の先輩に書こうとしたラブレターを母親に見つかって破り捨てられてるという地獄。カイ君は睡眠薬で自殺未遂を引き起こしちゃいますが、あの母親の偏見が改まったかは分かりません。

それからカイ君の母親にスーパーで会ったことによって、翌日学校の黒板に変態家族と書かれますが、あれって母親同士で話が回ったってことだと思うんですけど、あの辺もその母親たちや子供たちの偏見が改まったかは謎です。

それと、リンコさんが毛糸買いに行ったら頭打っちゃって1日入院(このエピソードも唐突でしたが)するんですが、そこでも男性部屋に入れられてマキオが看護師さんに抗議するんですが、看護師さんも40万の個室になさいますか?なんて嫌味ったらしいこと言って、あんなこと言わないよなぁと思ったり。

極めつけは、ラスト、トモの母が戻ってきて、弟にちょっと預けてた的なことを言って当然のように連れ戻そうとするんですが、リンコさんにありがとうと言うどころか、あんたに子供育てられんの?と言い放つ始末で、それにトモが怒るって話なんですが、「生みの親より育ての親」とはならず、ネグレクトな生みの親の元に帰るって展開。
一応、トモが帰った家は整理整頓されていて、母は変わったようではありますが、あの母がそんな簡単に変わるかなぁと思ったり。

次に気になったのが偏見とは関係ないですが、リンコさんの母親フミコ(田中美佐子)です。
フミコは自分の息子がそうだったせいもあるでしょうがトランスジェンダーに偏見はなく、リンコを傷付けるやつは子供でも許さないと言い放つほどで、それはいいと思うのですが、自分が再婚した若い男(柏原収史)の前で、トモの胸が膨らみ始めたかを聞いてて、ちょっとデリカシーなくない?と思ったんですけど、女性の皆さんはどう思ったんでしょ。
でも女性監督が描写してるからアリなのか。

この映画、予告編を観たときは、もっと編み物にフィーチャーした映画なのかな?と思ったんですが、編み物は、日々さらされる偏見によるストレス解消でやってる部分が大きくて、手術して取った男性器を供養する意味もあって靴下みたいな男根を編んでるんですが、このときのやりとりでトモがチンコ言うんですが、小学生くらいの子役に大丈夫か?と思ったんですけど、まぁこれはマキオとリンコとトモの関係性からいってアリかなと思いました。

それでタイトルの「彼らが本気で編むときは」ですが、リンコは肉体的な改造は全部済んでいて、あとは戸籍の性別を変えるだけなんですが、毛糸の男根を108個(煩悩の数)編んだら手続きしようと思っていて現在90個弱なんですが、トモとの出会いもあって、早く女性になってマキオと結婚しトモも養子に引き取る、という目標が出来たので、急いでその夢を叶えようとみんなで編み出す、というところからきています。
彼らが本気で編むときは、マキオとリンコとトモが家族になろうと決めたときです。

でも、結果的には夢が叶わなかったのでアンハッピーエンドな気がしますが、トモ目線で見ればハッピーエンドとも取れる感じでしょうか。

マキオはどちらかというとノンケで、リンコに惹かれたのはマキオの母(りりィ)を介護士としてよく世話をしてくれ、その性差を超えた優しさや美しさに触れたからなんですが、リンコの職場が老人ホームということもあって、介護の問題、痴呆の問題(品川徹さん演じた斉藤さん)、それにネグレクトとトランスジェンダーと盛り込み過ぎて、肝心のテーマが薄くなってしまった気もします。
なので、ふつうにいい話だなぁとは思いますが、特に感動もありませんでした。

生田さんのたおやかな演技と桐谷さんの抑えた演技はよかったと思います。

りりィさんは先月観た『はるねこ』と似たような役でした。本作が遺作になりますかね。

『はるねこ』評価と感想/死者のラ・ラ・ランド?
田中泯さんの前衛的な踊りが見れます ☆2.5点 甫木元空(ほきもとそら)監督のデビュー作です。 甫木元さんて珍しい苗字ですよね。 青山真治監督が多摩美で教えていた生徒さんになるのかな。 で、プロデュース作品です。
謹んで哀悼の意を表します。

丸の内ピカデリー 次回割引クーポン 1200円
2017年 29作品目 累計25500円 1作品単価879円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする