『ブラック・スキャンダル』評価と感想/FBI10大最重要指名手配犯の一人

スポンサーリンク
広告(大)

映画見終わって色々調べたら凄く興味深い ☆4点

予告編はこんな感じです


映画データはこちらからどうぞ
映画『ブラック・スキャンダル』の作品情報:ジョニー・デップが主演を務めた実録クライムドラマ。実在するアイリッシュ・マフィアのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーが裏社会でのし上がっていく姿を追う。メガホンを取るのは、『ファーナス/訣別の朝』などのスコット・クーパー。
『ブラック・スキャンダル』は2015年の映画。『ブラック・スキャンダル』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
正直言って前半は退屈で少し寝てしまって、後半にかけての追い詰められ方とかは面白かったんですけど、映画としては☆3~4の間かな?という気がしたのですが、映画を見てからこの実話について調べてみたら凄く面白かったので+1して☆4点です。

それでこの『ブラックスキャンダル』という映画、実話だそうですけれど日本人には馴染みがないじゃないですか。

でも、このジョニー・デップが演じたジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーというマフィアはアメリカでは凄く有名みたいで、逃亡中はウサマ・ビン・ラディンに次ぐ懸賞金をかけられていたそうで、まずそこにビックリします。

マーティン・スコセッシ監督の『ディパーテッド』でもジャック・ニコルソン演じたアイリッシュマフィアのモデルになったそうです。
ディパーテッドは『インファナル・アフェア』のリメイクくらいにしか思って見てなかったのでこれは見ないといけないと思いました。

ディパーテッドでは、モデルになっただけで実話ベースの話ではなく、ディパーテッド公開時には、まだホワイティは逃亡中だったのですが、今作の最後で説明される通り、2011年に逮捕され終身刑2回+禁錮5年の判決が下るのですが、この裁判中にホワイティは情状酌量を求めて、自分は20代までは人を殺したことはなかったと主張して、自分が平気で人を殺すようになったのは20代のときに入った刑務所で刑期減免と引き換えに人体実験に協力したからだと主張し始めたのです。

それでこれは、あとになって分かるのですが、当時CIAがMKウルトラ計画というのをやっており人体実験もその一環で、どうやらホワイティもそれを受けていたらしいのです。

今ちょうど『エージェント・ウルトラ』というアクションコメディの映画がやっていて、それはMKウルトラ計画を題材にしてるそうでタイムリーなんですが、そんな背景があったなんてビックリです。

というわけでこの映画、わりと淡々と描いていてその背景の大きさとかが分からないんですが、調べれば調べるほど面白い題材だなぁと思いました。

役者陣はジョニー・デップとジョエル・エドガートンの演技がいいですね。
デップはホントに怖くて鬼気迫るものがありました。
ベネディクト・カンバーバッチは華を添えただけな感じがします。
弟である州の上院議員はあまり関係なかったかなと。
存在感薄かったです。
なので予告編を見るとこの映画の売り方をちょっと間違えた気もします。

この映画、背景が複雑過ぎて、切り取り方によっては凄い大作にも出来そうですが、物語の分量からすると連続ドラマ向きなのかなー?と思います。

ブレイキング・バッドみたいにしたら一番面白いんじゃないかと思いました。

ヒューマントラストシネマ渋谷 TCGメンバーズ ハッピーフライデー 1000円
2016年 12作品目 累計16500円 1作品単価1375円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする