ベイマックス 評価と感想/この安心感はドラえもんの趣も

ベイマックス 評価と感想

評判どおり面白かった! ☆5点

予告編

映画『ベイマックス』予告編

映画データ

ベイマックス|映画情報のぴあ映画生活
『ベイマックス』は2014年の映画。『ベイマックス』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

謎の事故によって最愛の兄タダシを失ってしまった、14歳の天才少年ヒロ。
幼い頃に両親を亡くしたヒロにとって、唯一にして最愛の存在であった兄の死は余りにも耐え難く、彼は深く心を閉ざしてしまう。

そんな彼の前に突如現れたのは、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つベイマックス。
彼は、亡きタダシが人々の心とカラダを守るために開発したケア・ロボットだった。

大きすぎる心の傷を負った少年と、傷ついた人を癒すために作られたロボット──その出会いは、宿命だった。
「どのくらい痛いですか?」「泣きたい時は泣いていいのですよ」
ベイマックスの献身によって、ヒロは少しずつ元気を取り戻していく。

兄の死に疑問を持つヒロは手がかりを追うが、何者かに襲われ辛うじて難を逃れる。
世界の脅威となる巨悪の存在に気づいた彼は、兄のために戦う決意をするが、彼の味方は戦闘能力も戦闘意欲もゼロの、優しすぎるケア・ロボットしかいない。

だが、ヒロはまだ気づいていなかった。兄タダシがベイマックスに託した、驚くべき“本当の使命”を…。

(公式サイトより引用)

ネタバレ感想

2D字幕版で観ました。
ヤフー映画のレビュー点数高いですが、評判どおり面白くて納得です。
3Dや4DXでもさらに楽しそうですね。

テンポもいいですし、ダレるような展開もなくサクサク進み、上映時間102分もちょうどよかったです。

ケアロボットの発想やマイクロボットのアイデアやビジュアルの勝利だと思います。

過去の映画を思わせるようなシーン(ロッキー、ダイハード、ベストキッドetc.)もふんだんにあってニヤリとさせられますし、音楽もよかったです。

マーベルヒーロー物ってこれまであまり見てこなかったんですが、去年見た『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と同じくらいよかったので、ちょっと嵌りそうです。

鑑賞データ

TOHOシネマズ有楽座 シネマイレージデイ 1400円

コメント