『恋の渦』評価と感想/サイコーにDQNでゲスい恋の渦巻き模様

スポンサーリンク
広告(大)

2013年現時点でマイNo.1 ☆5点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

いやー、面白かった。
前半15分は、正直きっついなーと思いましたがそれも演出のうち。

最近、よく耳にする劇団ポツドール、三浦大輔作の同名舞台の映画化です。
舞台は見てないのですが、大根仁監督によると脚本は殆ど変えていないようで、この作品の面白さは脚本にあるのだなぁと実感しました。

内容は男5女4人によるDQNでゲスい恋の渦巻き状態。
「あいのり」や「テラスハウス」での本音部分をえぐり出したかのようなお話です。
場面設定も4部屋のみの密室劇で、撮影日数はたったの4日間、出演俳優も無名、ワークショップから企画された低予算映画で上映時間も120分オーバーと普通なら尻込みしてしまうと思うのですが、騙されたと思って観に行って欲しい映画です。
メジャーで予算かけて有名人出してCG使って、なんてしなくても脚本とアイデアでこんなに面白い映画が出来るんだと思うこと請け合いです。

惜しむらくはまだ上映館数が限られていることです。大規模ロードショーとはいかないでしょうが各都道府県で1館程度は上映されて口コミでじわじわとロングラン上映されればいいなと思いますし、何かしらの映画賞を獲って欲しい作品だと思います。

とにかくホント面白いので是非見ていただきたい映画です。

渋谷シネクイント 一般料金 1800円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする