イレブン・ミニッツ 評価と感想/一点に収束する何か

スポンサーリンク
広告(大)

風が吹けば桶屋が儲かる的な ☆4.5点

予告編


映画データ
映画『イレブン・ミニッツ』の作品情報:『ムーンライティング』などで知られ、カンヌ、ベネチア、ベルリン国際映画祭で受賞経験のあるポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキが放つ群像サスペンス。大都会に暮らすわけありの11人の人々と1匹の犬が織り成す、午後5時から5時11分までのそれぞれのドラマを交錯させて描く。
『イレブン・ミニッツ』は2015年の映画。『イレブン・ミニッツ』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
短い特報予告編を見て面白そうと思い鑑賞。

イエジー・スコリモフスキ監督。
ポーランドの巨匠なんですね。
知らなかった監督なのですが初めて観ました。

予告にあるように5時から5時11分までの間に起こる群像劇。
冒頭は5時より少し前も描いてます。
場面が頻繁に切り替わるのと、時間が少し戻ったりするので、誰が誰だか分からなくなるかな?と思いましたが、そんなことは無かったです。

複数の話が同時進行する群像的な話は最近だと2014年にポール・ハギス監督の『サード・パーソン』を思い浮かべました。

あとから気づいたキム・ベイシンガー ☆4点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)評価が高そうだったので観てきました。 ...
同じシーンを別の登場人物の視点で描く感じは、最近ですと『桐島、部活やめるってよ』がありました。
1年後は「桐島、東大受かったってよ」  ☆5点 予告編映画データ朝井リョウさんの原作は未読です。 事前の予備知識...
全く繋がりそうにない、それぞれのエピソードはどれも不穏な空気を生み出しています。
独特の音楽や効果音は黒沢清監督作品を想起させます。
画面に漲る緊張感と不穏さは並々ならぬものを感じさせます。

本当に繋がりそうにない話が、どう収束していくのか、興味はそこ一点に集中するのですが、ラストの展開には本当にビックリ、口あんぐりです。

ここからは詳しくは書きませんがネタバレになります。

ラストの感じはファイナル・デスティネーションを彷彿させて、それまでの群像劇はそれをアカデミックに格調高く描いていた感じもします。

ラストのラスト、黒点に収束していく感じは、太陽の黒点をイメージしましたし、観た人がどのように解釈してもよいと思います。
ちょっと松本人志監督の『しんぼる』のラストを思い浮かべたりもしました。

とにかく色々書くとネタバレになってしまうので細かく書きませんが、観た人同士で色々語りたくなる映画で、予告編で登場人物だけ予習して見に行って欲しいです。

ヒューマントラストシネマ渋谷 TCGメンバーズ ハッピーチューズデー鑑賞 1000円
2016年 99作品目 累計111200円 1作品単価1123円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ