2017-12-12

スポンサーリンク
映画感想

ビジランテ 評価と感想/ルックと熱量はいい、ただリアリティが

テーマ盛り込み過ぎて焦点がボケた ☆4点 『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督が出身地・深谷市を埼玉北部の架空の街として描いたオリジナル作品。30年ぶりに戻ってきた長男が次男が相続予定の土地の権利証を手にしてたことから起こる三兄弟の悲劇を描く。トリプル主演に大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太
スポンサーリンク