2017-07

映画感想

ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~ 評価と感想/うーん

やっぱり、この監督合わないです ☆2点 夏休みにバカンスで家族旅行に行こうとしたらAI搭載新型車が故障しブレーキも効かず暴走する一家を描いたフランスのコメディ映画。 監督はニコラ・ブナム、主演はジョゼ・ガルシア
映画感想

ウィッチ 評価と感想/清教徒一家が崩壊するまで

北の国から+シャイニング ☆5点 1630年のニューイングランドを舞台にした魔女映画で第31回サンダンス映画祭で監督賞を受賞したダーク・ファンタジー・ホラー。 監督は複数の短編で美術監督や衣装デザインを務めたロバート・エガース。主演に『スプリット』のアニヤ・テイラー=ジョイ
映画感想

ビニー/信じる男 評価と感想/賭けてきた人生

マイルズ・テラーのMっ気に注目 ☆4点 ボクシングで2階級制覇するも友人の車に同乗した際に起きた交通事故で頸椎骨折の重傷を負い、復帰を絶望された実在のプロボクサー、ビニー・パジェンサが再起を果たすまでを描く。監督はベン・ヤンガー、主演はマイルズ・テラー、製作総指揮にマーティン・スコセッシ
映画感想

アリーキャット 評価と感想/面白いんだけどストーリーが

雰囲気超好きなんですけど ☆3.5点 飼い猫が逃げた元ボクサーの警備員とその猫を拾った自動車整備工がストーカーに狙われるシングルマザーの身辺警備を請け負ったことから起こるクライムドラマで監督は榊英雄、W主演に窪塚洋介とDragon Ashの降谷建志、ヒロインに市川由衣
映画感想

銀魂 評価と感想/福田監督やりおった!

ワーナーブラザース絶好調 ☆5点 累計発行部数5000万部を超える週刊少年ジャンプに連載中の空知英秋の漫画の実写映画化で監督は福田雄一。 主演に小栗旬、共演に菅田将暉と橋本環奈
映画感想

ハローグッバイ 評価と感想/同調圧力、お友達地獄からの解放

主演女優2人の伸び代に期待大 ☆4点 名匠の助監督を数多く務めた『ディアーディアー』の菊地健雄監督の第二回監督作品。 オリジナル脚本で揺れ動く女子高生たちの心を描く。主演に萩原みのりと久保田紗友
映画感想

彼女の人生は間違いじゃない 評価と感想/そして正解もない

彼女に笑顔があらんことを ☆4.5点 2015年に出版された福島の今を描いた廣木隆一監督の同名タイトルの初小説を自身の手で映画化した作品で主演は『グレイトフルデッド』の瀧内公美、共演に光石研と高良健吾。
映画感想

獣道 評価と感想/下衆の愛からクズの恋へ

船橋18歳少女生き埋め事件にも似た ☆3.5点 『下衆の愛』の内田英治監督とプロデューサーのアダム・トレルが再び手を組み、衣緒菜原案の実話を基に地方の底辺にいる若者を描いた青春ブラックコメディで主演に伊藤沙莉と須賀健太
映画感想

メアリと魔女の花 評価と感想/ADHD描写は何だったの?

ジブリ時代の終焉を象徴する ☆2.5点 スタジオジブリの制作部門閉鎖に伴い退社した人たちで新設した会社スタジオポノックの第一回長編作品で監督は米林宏昌。 原作は1971年に出版されたメアリー・スチュアートの児童文学小説『The Little Broomstick(小さな魔法のほうき)』
映画感想

ヒトラーへの285枚の葉書 評価と感想/両主演の演技が鳥肌モノ

淡々と抵抗する ☆5点 実際のハンペル事件を元に1947年に出版されたハンス・ファラダ著「Alone in Berlin(ベルリンに一人死す)」の映画化で監督はヴァンサン・ペレーズ。主演にブレンダン・グリーソン、エマ・トンプソン、ダニエル・ブリュール