洋画

映画感想

search/サーチ 評価と感想/見やすくなったPC画面のみスリラー

実はキモはPC画面以外の物語の概要と脚本にあり ☆4点 2018年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞してソニーピクチャーズが配給権を獲得したPC画面上だけで展開されるサスペンス。 突然失踪してしまった16歳の高校生の娘の父親が、娘のパソコ...
映画感想

デス・ウィッシュ 評価と感想/狼よさらばを上手い具合にアップデート

リメイクはイーライ・ロス監督にお任せ ☆4.5点 1974年にチャールズ・ブロンソン主演で製作されシリーズ5作まで続いた『狼よさらば』(原題:Death Wish)のリメイク作品。 監督はイーライ・ロス、主演はブルース・ウィリス、共演に...
映画感想

バーバラと心の巨人 評価と感想/予想した通りでした

安心して観れました ☆3.5点 『ホーム・アローン』や『ハリー・ポッター』の監督のクリス・コロンバスが製作に入り、2008年に発表されたジョー・ケリーとケン・ニイムラによるグラフィックノベル「I Kill Giants」を実写映画化。 ...
広告
映画感想

アンダー・ザ・シルバーレイク 評価と感想/裏窓から繋がるハリウッド奇譚

面白いが傑作までは至らず ☆4点 2014年の第67回カンヌ国際映画祭の批評家週間で上映され、日本では2016年に公開された『イット・フォローズ』で注目を浴びたデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督によるオリジナル脚本のネオノワールサスペン...
映画感想

ルイスと不思議の時計 評価と感想/イーライ・ロスの片鱗はあります

ハリー・ポッター映画化前ならよかったかも ☆3.5点 1973年に出版されたジョン・ベレアーズによる児童向けゴシックホラー・ファンタジー小説「壁のなかの時計」の実写映画化作品。 監督はゴア描写が得意のイーライ・ロス、脚本・製作に「スーパ...
映画感想

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛 評価と感想/バブル崩壊と共に冷めた愛

急ぎ足でやや分かり辛い場面も ☆3.5点 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の原作者デボラ・モガーが1999年に発表した小説「チューリップ熱」の映画化。 17世紀のオランダを舞台にチューリップ・バブルに翻弄される人々を、同時代に生...
映画感想

フィフティ・シェイズ・フリード 評価と感想/バカップル完結編

3作全て映画館で観た自分を褒めてあげたい ☆2.5点 イギリス人主婦E・L・ジェイムズによるネット官能小説「フィフティ・シェイズ」3部作の映画化の3作目で最終作。 監督は2作目から引き続きジェームズ・フォーリー、主演は1作目から通してダ...
映画感想

かごの中の瞳 評価と感想/優位性を失った男の末路

カメラがよかったと思います ☆3.5点 『007 慰めの報酬 』や『ワールド・ウォーZ』のドイツ人監督マーク・フォースターによるオリジナル脚本(ショーン・コンウェイとの共同脚本)のラブサスペンス。 タイのバンコクで暮らす1組の夫婦で幼少...
映画感想

クワイエット・プレイス 評価と感想/なぜヒットしたか分からない

設定・状況・行動含めて甘いと思う ☆2.5点 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』や『ボーダーライン』で有名なエミリー・ブラント主演で、その夫で俳優兼監督であるジョン・クラシンスキーがオリジナル脚本で監督し、夫婦役で主演も務め、全米で大ヒ...
映画感想

クレイジー・リッチ! 評価と感想/金満ぶりに胃もたれが

中華版プリティ・ウーマンと言ってほぼいいかと ☆3点 アメリカ在住のシンガポール人ケビン・クワンが2013年に発表しベストセラーになった小説「クレイジー・リッチ・アジアンズ」の映画化。 ハリウッドでは1993年の『ジョイ・ラック・クラブ...