洋画一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー

ローガン・ラッキー 評価と感想/欲張りすぎない、引き際が大事

疲弊したアメリカ社会に放つ、鼠小僧的痛快義賊物語 ☆4点 映画監督を引退していたスティーヴン・ソダーバーグが正体不明の脚本家レベッカ・ブラントの初脚本に魅せられ復帰したクライム・コメディ。主演はチャニング・テイタム、共演にアダム・ドライヴァーとダニエル・クレイグ

ブレードランナー 2049 評価と感想/元の世界観の完コピぶりが凄い

しかし話は面白くなかった ☆4点 フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に1982年に制作された『ブレードランナー』の続編でオリジナルの30年後の世界を描く。製作総指揮リドリー・スコット、監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ、主演ライアン・ゴズリング

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)