Mr.タスク 評価と感想/セイウチ人間現る

スポンサーリンク
広告(大

よいですねー、ニヤニヤ ☆4点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

さあ、今年はこのあとムカデ人間3も控えておりますぞー。

上映前の予告でも、セイウチ見る方にムカデより、ってやってましたよ。ニヤニヤ。

ハーレイ君、来日時のニコ生見ましたが、すごく気さくなよい青年ですねー。ファンになっちゃいました。

えー、今回はジャスティン・ロングと共にポッドキャストの運営役ですか。
二人とも声がいいですよね。DJ(ディスクジョッキー)向き。

初っ端のアホ動画はネタかと思ったら、本当に片足切断で、後の主人公の運命を暗示してるんですねー。怖いですねー(淀川長治風に)

序盤のポッドキャストの放送はタランティーノよろしく、二人のマシンガントーク。ただこのポッドキャストの放送は、毎週楽しみに聞いてる人には面白いんだろうけど、初見には辛い感じでした。

それから、ジャスティンがカナダに行って、ハワード・ハウ(マイケル・パークス)に会って、航海のときのヨタ話聞いてるときも、結構セリフ多い映画だなぁダルいなぁと思って心配になったんですが、見事、睡眠薬で眠らされて足切断されてからは絶好調な展開になりました。

まずハワード・ハウ(マイケル・パークス)とウォレス(ジャスティン・ロング)の掛け合いっぷりがいいです。
あのハワードのとぼけっぷりが最高。適当な嘘ばっかり付いてて。

それで待ちに待って登場するセイウチ人間のビジュアルに歓喜。
余談ですが、日本ならナイロン100℃の大倉孝二さんがやったらハマるんじゃないかと思いました。

で、それからそれから、謎の変な探偵が登場してから更に面白くなります。
クレジット表示もされないカメオ出演てことですが、ジョニー・デップ出ずっぱりです。
でも特殊メイクと気づかないような特殊メイクでジョニー・デップといわれても分かりません。
でも演技(役作り)はしっかりしているので、さすが一流役者です。空気感変わります。
この酔いどれ探偵が、酔えば酔うほど強くなる酔拳みたいなおっさんで頼もしくて、話がトントントンと進みます。実娘との共演シーンでの伏線の回収の仕方も中々見事でこの辺りは脚本とかも上手いなぁと思いました。

この映画、ふざけた設定のホラー・ブラック・コメディですが、役者陣の演技がとてもよくしっかりした作りになってます。可笑しい中にも悲哀さがあるんですよね。
セイウチ人間になってしまったウォレスの悲哀はエレファントマンに通じるものがあったりして、ただのグロ映画って訳でも無い気がしますね。

新宿シネマカリテ HP割引クーポン使用 1500円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする