殿、利息でござる! 評価と感想/無私の日本人の美徳

スポンサーリンク
広告(大)

原作「無私の日本人」の映画化 ☆4.5点

予告編はこんな感じです

映画データはこちらからどうぞ

映画『殿、利息でござる!』の作品情報:『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『予告犯』などの中村義洋監督が映画化。
『殿、利息でござる!』は2016年の映画。『殿、利息でござる!』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
ここのところ中村義洋監督との相性がよくなかったので(『白ゆき姫殺人事件』とか『予告犯』とか)、今作はスルーするつもりだったのですが、評判がよさそうだったので観てまいりました。

評判通りに面白くて、もっとコメディっぽいのかと思いきや、なかなかの人情話でよかったです。
予告編が上手かったと思います。あの「利子を取る側に回るか、取られる側に回るか」が穀田屋(阿部サダヲ)さんたちとは全然関係ないところで語られていたのですね。

まあ浅野屋(山崎努・妻夫木聡)さんを金の亡者みたいに観客をミスディレクションさせるのは、すごく映画的と思いましたけど、山崎努さんがカメの中にコツコツ銭を貯める様子は、『マルサの女』でコップに溢れて垂れた水を飲んで我慢すると言った権藤(山崎努)に通じるところがあると思いました(立場的には正反対ですが)

ところで見ている最中ずっと、七代目仙台藩主 伊達重村の横暴は某都知事みたいだな(憎っし)と思って見てたのですが、羽生くんなんてずる~い。
まああの藩主は改心するのでよいのですが、羽生選手の演技はお殿様役にぴったりとはまっていましたね。素晴らしい演技でした。

萱場杢を演じた松田龍平さんも役柄にぴたりとはまっていて、最後、目録を読み上げるシーンでは、いつ刀を抜いてもおかしくない緊張感で、逆にあそこで刀を抜いて首を刎ねても龍平さんなら画になるなと思いました(笑)

この映画、原作がよいのでしょうね。なので脚本がいい。
しかも、まだ穀田屋さんはあって、酒店を営業してるのも凄いです。

七ツ森の自然に囲まれたこの町で誇れるものをとの思いで、オリジナルのお酒「七ツ森の四季」を造りました。 (酒屋・リカーショップ/宮城県黒川郡大和町吉岡上町42)
こういうまだ一般的には知られてない風土記的な史実って、結構、各地にあって、そういうのを掘り起こしたアマチュア作家が地域限定的に出版してたりもするんですけど、あんまり日の目をみないんですよね。
町おこしのための地域映画の素材になりそうな感じもしますが、時代劇だから予算もかかるか…

上映時間129分なのでちょっと長いかな?(110分くらいに出来たんじゃないか)と思いますが、特にダレる展開もなかったですし、老若男女楽しめる映画だと思うのでオススメでござる!

TOHOシネマズ日本橋 シネマイレージデイ 1400円
2016年 55作品目 累計64700円 1作品単価1176円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ