サクラメント 死の楽園 評価と感想/ファーザー役のジーン・ジョーンズが上手い

スポンサーリンク
広告(大)

最後の方は誰が撮ったの?  ☆3点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

『グリーン・インフェルノ』と立て続けに公開されているイーライ・ロスが製作・脚本(監督はタイ・ウェスト)した、実際にあった人民寺院の集団自殺事件をモデルにしたP.O.V(主観映像)のモキュメンタリー作品です。

現代風にアレンジして、過激な突撃取材で知られるVICE社が妹を探す兄と一緒に潜入取材するという形になっています。

お話は人民寺院の事件を知ってれば想像つきますし、予告編でもある程度流れてるので特にいうことはないのですが、最後の方の主観映像は誰が撮っているのだろう?とは思います。

まあ、映画は全編主観映像を謳ってる訳では無いのでよいのですが、自殺騒ぎが起きるまではVICEの二人の取材クルーが撮っている映像という体で話が進んでいたので、最後、自殺者を撮ってるのは誰だろう?と思った訳です。

映画はVICE社側(潜入取材する側)の役者さん達の演技を含めてドキュメンタリー感が足りなかったですかね。VICEの件も冒頭に登場するだけで、もう少し後日談とかなんか活用の仕方もあったかなぁと思います。

反対にファーザー、お父様役の人は良かったです。延々と長い台詞をよく喋るよく喋る。それでいてドキュメンタリーっぽく見えるように、演技演技してはならないですし。その点、風体含め上手かったです。
このジーン・ジョーンズという方はコーエン兄弟の『ノーカントリー』にも出演されてるみたいですが、どの役だったか思い出せず…
またノーカントリー見るときには注意して見たいと思います(と思ったらガソリンスタンドの店主役の人でした!あのハビエル・バルデム演じる殺し屋シガーとの演技上手かった!名シーンの1つでした)。

事実は小説よりも奇なりで、実際の事件よりもスケールダウンしてますし、映画としては可も無く不可も無くといったところだと思います。

角川シネマ新宿 TCGメンバーズ ハッピーフライデー 1000円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ