ブリングリング 評価と感想/ハリウッドティーン窃盗団を描く

ブリングリング 評価と感想

最近のツイッター炎上にも似た ☆3点

予告編

映画『ブリングリング』予告

映画データ

ブリングリング (2013) - シネマトゥデイ
『SOMEWHERE』などのソフィア・コッポラ監督が、無軌道なティーンが引き起こした被害総額3億円に上る実際の窃盗事件を映画化した異色青春ドラマ。
ブリングリング|映画情報のぴあ映画生活
『ブリングリング』は2013年の映画。『ブリングリング』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

カリフォルニア州カラバサス。ニッキー(エマ・ワトソン)は学校へ行かず、養女である妹サム(タイッサ・ファーミガ)、末の妹エミリーと共に、母ローリー(レスリー・マン)の自宅授業を受けている。ローリーが教えるのは「ザ・シークレット」に書かれた“引き寄せの法則”について。一方、マーク(イズラエル・ブルサール)は前の学校を退学した後、1年間自主学習を続けてきた。今日が新しい学校への登校初日。周囲から「キモい」とバカにされる中、唯一優しい声を掛けてくれたのがレベッカ(ケイティ・チャン)だった。放課後、ファッションやブランドへの憧れを語り合ううち、ふたりは意気投合していく。レベッカやクロエ(クレア・ジュリアン)と一緒にナイトクラビングに出掛けたマークは、そこでニッキーとサムに出会う。写真を撮り、フェイスブックにアップする彼ら。マークは生まれて初めての親友、レベッカに夢中になっていった。インターネットを見て、パリス・ヒルトンがベガスでパーティーをすると知ったマークとレベッカは、パリスの自宅周辺を地図検索サービスなどで調べ上げ、彼女の家に侵入する。豪奢な家の様子に圧倒されたふたりがそれを吹聴すると、ニッキーは言った。
「泥棒したい」
やがて、パリスがマイアミでパーティーと知り、今度はニッキーやサム、クロエを加えた5人で留守宅に押し入る。広いクローゼットを埋め尽くす服、靴、ジュエリー、サングラスの数々に目を輝かせ、邸宅に完備したクラブ・ルームではしゃぐ彼女たち。夢中になった5人はパリスの家にとどまらず、オードリナ・パトリッジやミーガン・フォックス、オーランド・ブルームとミランダ・カー夫妻などセレブの予定を次々に調べ、留守宅への侵入と窃盗をくり返していく。 しかし、彼女たちの悪ふざけがそう長く続くはずもなかった――

(公式サイトhttp://blingring.jp/#storyより引用)

ネタバレ感想

最近のSNS炎上にも似た印象を持ちました。
LINEの事件然り。

無軌道な若者の行動が全く理解できないんですよね。
幼稚というかなんというか、善悪の判断がついていない気がします。
日本ではゆとり教育の弊害なんていわれたりもしていますが、アメリカでもそうなんでしょうか?

本作は実話の映画化ということですが、実際の事件は全く知りませんでした。

黒幕が逮捕されたセレブ空き巣事件 ミーガン・フォックス、アシュリー・ティスデールも被害者 - シネマトゥデイ
セレブをターゲットにした空き巣事件の黒幕が逮捕されたことによって、新たなセレブ被害者が明らかになり始めている。

2008年頃と最近の事件ですが、自分がパリス・ヒルトンをはじめとするセレブゴシップに興味なかったからかもしれません。

映画はセレブリティに憧れる若者がツイッターやフェイスブックでセレブのスケジュールを確認し、ネットで住所を検索して空き巣に入るという、現代のネット社会ならではの事件です。

セレブのファッションやライフスタイルに憧れ、真似したいけどブランド物は高くて買えないし、でもセレブはたくさん持ってるし、ちょっとだけなら分からない、借りる感覚で盗んじゃえ、みたいな。

実際この事件の被害総額は3億円近くになるそうですが、犯人達は殆ど換金せずに実際に盗んだものを身に着けていたそうです。

自分がこの若者達(事件)に共感できないのはブランド物にも興味が無いからです。

映画ではルブタンをはじめ、ヴィトン、ディオール、ロレックスといった様々な高級アイテムが出てきますが、そういったブランドはそのセレブたちが広告塔となって消費者の購買意欲を煽っている訳ですが、煽られている大衆は欲しいけど高くて手に入れられないという。

結果、無理が生じる。

日本でもよく思うのが、ヴィトンのバッグをドンキで買ってどうするの?と。

さっき、セレブゴシップに興味無いと書きましたが、パリス・ヒルトンやリンジー・ローハンといったセレブは芸能人としてはホンモノではないと思うのです。
特に何か芸があるという訳ではなく、スキャンダルが話題になって更に有名になっていくというスパイラル。

人々の憧れの対象が尊敬できる人物ではなくて、話題になって有名で煌びやかな生活をしている人になってしまっている。

日本でも読モとかビッグダディ周りとかそうですよね。

そして、その読モ出身タレントのブログなどから影響されて、ペニオク被害にあったりしてる訳です。

伊集院「ペニオク産休」にチクリ (2013年8月22日掲載) - ライブドアニュース
伊集院光がペニオク詐欺事件に関わったとされる芸能人に言及した。「『産休だった』みたいな扱いにしてる人、気づいてるんですけど」と述べた。名前こそ出さないが、その芸能人が最近出産した人物であることを匂わせた

もうこうなるとどっちもどっちという感じですが、だからといってこの映画の犯人達が許されてよい訳ではありません。

映画ではそれぞれ禁固刑と罰金が下されますが、主人公の男の子がオレンジ色の囚人服を着て護送車に乗せられる所では、してしまったことの大きさに気づかされますし、一緒に乗った他の囚人達の強面に屈強な体つきは刑務所での更なる(あらぬ)困難も想像させます。

そしてこの映画、後味が悪いんですが、それはこの犯人達自身がこの事件によって有名になってセレブリティになっていく感じが想像できるからです。
実際、そうなっているようで、映画の後味の悪さは現実社会そのものなんですよね。

この映画取り上げ方次第でもう少し面白くなりそうな気がしたので☆3点としました。

本作でのエマ・ワトソンは悪っい役で、脇に回っていてもいい味出しています。

ウォールフラワー 評価と感想/ハーマイオニーの魅力全開
青春映画としてなかなかの佳作 ☆4点 予告編 映画データ あらすじ チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小説家を志望する16歳の少年。高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられ、ひっそりと息を潜めて日々をやり...

このテーマ、掘り下げ方次第でホント面白くなると思うのでマイケル・ムーアあたりでドキュメンタリー映画にしたらいいんじゃないかと思いました。

鑑賞データ

シネ・リーブル池袋 TCGメンバーズ ハッピーフライデー 1000円

コメント