『ファイアbyルブタン』評価と感想/脚フェチの方必見!

スポンサーリンク
広告(大)

とてつもないものを観た!  ☆5点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

3D版で鑑賞。
パリの三大ナイトクラブのうちの一つ、クレイジーホース。この映画で初めて知りました(ムーランルージュは有名ですが具体的にどんなショーまでか知らず、リドにいたっては名前も知らずという有様です)。

世界的なシューズデザイナーのクリスチャン・ルブタンが80日間限定で演出を手がけた伝説のショー「FIRE」の映像化ということですが、どうやら色々調べてみると細かな演目自体は通常時のショーと被っているものもあるみたいですが、初めて見たら「こりゃすげー」となること請け合いです。ショー自体をもっと詳しく知りたければ、昨年公開されたフレデリック・ワイズマン監督の『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』が詳しそうで、こちらも未見ですので是非観てみたいと思いました。

映画は各演目の間にルブタンのインタビューが挟まれる感じで、最初、おっぱいの洪水の間にルブタンが出てきて邪魔だなぁと思いましたが、逆に演目の間にあのインターバルがなければ、興奮につぐ興奮で窒息死してたかもしれないので終わってみればあってよかったなと思いました(笑)

インタビューで語られてましたが、ルブタンはこのショーだけの関わりではなくクレイジーホースには17歳の頃から出入りしていてダンサーたちの雑用をしていたようです。
シューズデザイナーとしても、このダンサーたちに合う靴を作るという所から出発しているようで、まさにルブタンの原点そのものだったようです。

しかし、日本も先進国でエンターテイメントもディズニーランドやUSJなど様々ありますが、フランス凄いな、パリ凄いなって思いました。
日本でのストリップショーの最高峰は浅草ロック座だと思うのですが、やっぱりあのレベルには到達してなくて、これは映像照明や舞台装置などハード的な面によるところも多いと思うのですが、見る側の文化的成熟度も足りないのかなと思いました。
フランス座からは世界のビートたけしが誕生しましたが、日本のセレブたちもこういったナイトクラブを盛り立てていければいいなぁと思いました。

あと2D版と3D版の上映がありますが、圧倒的に3D版で観た方がいいと思います。ここまで飛び出てくる感じの3Dは今まで無かったです。
映像、音楽、3D技術が高いレベルで融合している映画だと思います。
とにかく必見です。

ヒューマントラストシネマ有楽町 TCGメンバーズ ハッピーチューズデー 1000円+3D料金400円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする