おだやかな日常 評価と感想/壊されてしまったと考えるか壊してしまったと考えるか

スポンサーリンク
広告(大

よかったです  ☆4点

あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ

正直、途中までは主人公達の考え方に共感できなかったのですが、サエコ(杉野希妃)とユカコ(篠原友希子)が出会ってからは激しく心を揺さぶられました。

前半の二人は放射能の恐怖に怯えヒステリックになり周囲から孤立してしまいましたが、二人が出会ってからは、お互いがそれぞれの問題に対峙しそれに立ち向かっていくポジティブな姿が描かれていて希望が感じられました。

台詞がとても自然な感じで演技ではなくドキュメンタリーのような雰囲気も良かったです。

シネマ・ジャック&ベティ 一般料金 1800円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする