おだやかな日常 評価と感想/壊されてしまったと考えるか壊してしまったと考えるか

おだやかな日常 評価と感想
広告

よかったです  ☆4点

予告編

映画『おだやかな日常』予告編

映画データ

おだやかな日常|映画情報のぴあ映画生活
『おだやかな日常』は2012年の映画。『おだやかな日常』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

2011年3月11日の午後、東京郊外のマンション。ユカコ(篠原友希子)は、凄まじい揺れを必死に耐える。サエコ(杉野希妃)は、5歳の娘・清美(渡辺杏実)を迎えに幼稚園へ走る。地震と津波の被害が報道される中、福島原発は未曾有の被害を受けた。政府が「直ちに放射能の影響は無い」と繰り返す一方、ネットには正反対の言葉があふれていた。ユカコは錯綜する情報の中で、徐々に放射能への不安を抑えられなくなっていく。そんなユカコの様子に、夫タツヤ(山本剛史)は戸惑う。一方、震災直後に別の女性の元に夫ノボル(小柳友)が去っていたサエコも、不安に駆られていた。両親の無事を確認するが、実家は被災していた。清美を守るために幼稚園で放射能の危険性を訴えるが、周囲の不安を煽り、母子は孤立していく。離婚届を置き、荷物を取りに来たノボルが去ったあと、清美が鼻血を出す。サエコは清美と無理心中を図る。隣家の異臭に気付いたユカコは、ベランダ伝いにサエコの部屋に入り、ガス栓を締める。サエコが病室で目を覚ますと、両親が被災地から駆け付けていた。清美はノボルの両親が自宅に連れ帰っていた。避難所暮らしのサエコの両親には、それを止めることはできなかった。マンションに戻ったサエコは、なぜ死なせてくれなかったのかとユカコを責める。ユカコは、なぜ娘まで殺そうとしたのかと反論する。子供を守りたいけど守れないと泣きじゃくるサエコを、ユカコは抱きしめ、励ます。ユカコには子供にまつわる重い過去があったが、2人は固い絆で結ばれる。サエコはユカコとともにタツヤの実家へ行き、清美を取り戻す。ユカコの想いを受け入れたノボルは、大きな決断をする。またユカコも、大きな一歩を踏み出そうとしていた……。

MovieWalkerより引用)

ネタバレ感想

正直、途中までは主人公達の考え方に共感できなかったのですが、サエコ(杉野希妃)とユカコ(篠原友希子)が出会ってからは激しく心を揺さぶられました。

前半の二人は放射能の恐怖に怯えヒステリックになり周囲から孤立してしまいましたが、二人が出会ってからは、お互いがそれぞれの問題に対峙しそれに立ち向かっていくポジティブな姿が描かれていて希望が感じられました。

台詞がとても自然な感じで演技ではなく、ドキュメンタリーのような雰囲気も良かったです。

鑑賞データ

シネマ・ジャック&ベティ 一般料金 1800円

コメント