ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 評価と感想/シリーズ最高傑作

スポンサーリンク
広告(大)

個人的にはシリーズ最高傑作  ☆5点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

公開してからちょうど一週間、やっと見てまいりました。
今夏はジュラシックワールドが公開5日間で100万人突破と物凄いスタートダッシュをみせておりますが、こちらもそれに次いで5日間で100万人突破と凄いことになっております。

映画は冒頭から、予告でしきりにやっているトムがスタントマン無しで挑んだ飛行機のシーンで、これには「冒頭からいきなり使うか!」とビックリすると同時に一気に物語に引き込まれました。
宣伝であんなにあのシーンを見せてて大丈夫かなぁと思っていましたが、逆にそれを上手く利用した形で、映画の構成としても非常に上手いと思いました。

今回のローグネイションは中盤のバイクアクション・IMFメンバー集結辺りまでアクションが一気に進み、全く中だるみ感が無くてテンポがすごくいいです。

逆に物語終盤はアクションがおとなしめになりますが、ストーリーの謎・伏線が回収されるので最後まで飽きることなく見れました。

また今回、ボスとの決着の仕方も虚をつく感じで、このような大作映画では珍しいと思いましたが、上手い決着だと思いましたし、個人的にもこの決着の仕方は好きで『ブラックレイン』のマイケル・ダグラス、松田優作を思い浮かべましたね。

シリーズ物の宿命で回を重ねるごとに面白くなくなっていくと思うのですが、今作はシリーズの最初を見たときのワクワク感を思い出しましたし、それをも上回る感じで個人的にはシリーズ最高傑作に仕上がっていると思います。

TOHOシネマズ新宿 TOHOシネマズデイ 1100円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ