『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』評価と感想/映像美が素晴らしいです

スポンサーリンク
広告(大)

絵にも描けない美しさ~ ☆4点

あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ

浦島太郎が竜宮城に連れてってもらったかのような美しさ、映像美でした。

ストーリー的には細かい点を突っ込めばキリがないので、寓話的な物語というのでしょうか、そういう物語となっています。

信仰のことや、人が生きるということ、分かり合えない存在があることなど、哲学的な話も含んでいるようにも思えますが、シンプルに子供たちにも見てもらえたらいいと思える映画でした。

序盤に出てくる色々な動物を3Dで見るのは楽しいですし、幻想的なシーンはとっても綺麗なのでそれを見るだけでも価値のある映画だと思います。

TOHOシネマズ六本木 シネマイレージデイ 1300円+3D料金400円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする