2018-07-7

映画感想

アメリカン・アサシン 評価と感想/容赦ない殺傷描写は見どころあり

ミッチ・ラップシリーズ1作目で終わりそう ☆3点 作家ヴィンス・フリンによる1999年から続くミッチ・ラップシリーズの11作目で2010年に刊行された同名小説の映画化。 物語としては一番最初となる作品でミッチ・ラップ誕生を描く。 監督はマイケル・クエスタ、主演はディラン・オブライエン、共演はマイケル・キートン