2018-05-5

スポンサーリンク
映画感想

アンロック/陰謀のコード 評価と感想/なんか回りくどい気が

それなりに観れるが終わってみると疑問が ☆3.5点 2008年のブラックリスト(優秀脚本)に選ばれたピーター・オブライエンによるCIAを舞台にした脚本の映画化。 監督はマイケル・アプテッド、主演はノオミ・ラパス、共演にマイケル・ダグラス、オーランド・ブルーム、ジョン・マルコヴィッチ
スポンサーリンク