アニメ

スポンサーリンク
映画感想

犬ヶ島 評価と感想/昭和の紙芝居を見てるようで楽しかった

ウェス監督頭おかしい(褒めてる) ☆5点 2018年の第68回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀監督賞)を受賞したウェス・アンダーソン監督による近未来の日本の架空都市を舞台にしたストップモーションアニメ。 声優陣にリーヴ・シュレイバー、ブライアン・クランストン、エドワート・ノートン、スカーレット・ヨハンソン
映画感想

さよならの朝に約束の花をかざろう 評価と感想/時間の違いを体感する

感想を書く今になって気づいた ☆4.5点 『あの花』や『ここさけ』の脚本家・岡田麿里によるオリジナル脚本で自身による初監督作品。 十代半ばで外見的成長が止まり数百年を生きる長寿の一族の主人公と人間の子の絆を描いたファンタジードラマ
映画感想

リメンバー・ミー 評価と感想/ご先祖様を敬い、家族大事に、一日一善!

なんか土曜ワイド劇場みたいな話だなと ☆3点 メキシコの死者の日をモチーフにした第19作目のピクサーアニメで2018年第90回アカデミー長編アニメ映画賞受賞作品。 監督はリー・アンクリッチとエイドリアン・モリーナ。同時上映に短編映画『アナと雪の女王/家族の思い出』
スポンサーリンク
映画感想

ソウル・ステーション/パンデミック 評価と感想/韓国底辺社会を描く

新感染よりこっちの方が好きかも ☆4.5点 2016年の韓国で観客動員1000万人超えのヒットとなった『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚を描くアニメ映画。 監督は新感染と同じくヨン・サンホ。声の出演でシム・ウンギョン
映画感想

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 評価と感想/酷評するほどでも

オール・アイ・ニード・ナズナ ☆4点 1993年にフジテレビで放送された岩井俊二監督のテレビドラマで、1995年に劇場公開にまで至った作品のアニメ映画化。 制作は「まどマギ」や「物語」シリーズの新房昭之を総監督するシャフト。声の出演で広瀬すずと菅田将暉
映画感想

メアリと魔女の花 評価と感想/ADHD描写は何だったの?

ジブリ時代の終焉を象徴する ☆2.5点 スタジオジブリの制作部門閉鎖に伴い退社した人たちで新設した会社スタジオポノックの第一回長編作品で監督は米林宏昌。 原作は1971年に出版されたメアリー・スチュアートの児童文学小説『The Little Broomstick(小さな魔法のほうき)』
映画感想

レゴバットマン ザ・ムービー 評価と感想/愛に抱かれた夜

カッティング・クルーにめっちゃツボる ☆3.5点 『美女と野獣』も『ワイルド・スピード ICE BREAK』も始まってますが、公開から4週目も終わろうかというタイミングで観てきました。 2D字幕版で鑑賞です。
映画感想

SING/シング 評価と感想/ドレミファドン+のど自慢 日曜昼12時は楽しかった

カラオケに駆け込みたくなりますね ☆4.5点 2D字幕版で鑑賞です。 『怪盗グルー』『ミニオンズ』『ペット』のイルミネーション・エンターテイメント作品です。 去年公開された『ペット』はものすごくヒットしましたが、個人的にはそれほどでも無くて、本作の方が面白かったです。
映画感想

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ 評価と感想/大塚家具の父娘対立みたい

何かハラハラとかワクワク感が無い ☆3点 本作は観に行く予定ではなかったのですが、杉原杏璃さん主演の『...and LOVE』を観るために時間が空いたので観た次第です。 映画館で予告編は目にしていたんですが、ワーナーブラザース配給で上映館200館以上と結構な公開規模なんですね。
映画感想

モアナと伝説の海 評価と感想/ディズニー版西遊記みたいな感じも

映像は綺麗、歌もいい、ストーリーは普通 ☆4点 評判よさそうだったので観てきました。字幕版で鑑賞です。 タイトル通り、映像は綺麗で特に水のCGはアビスやターミネーター2から進歩したなぁと思いました。海底のカニのシーンでの蛍光色もよかったです。 歌もよかったかな、アナ雪みたいな感じです。
スポンサーリンク