ターシャ・テューダー 静かな水の物語 評価と感想/おばあちゃんかわいい

スポンサーリンク
広告(大

スマホゲーム、ピコピコやってる時間なんてない ☆3.5点

予告編


映画データ
映画『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』の作品情報:92歳でこの世を去ったアメリカの作家ターシャ・テューダーに迫るドキュメンタリー。4人の子供を育て上げ、50代で念願の一人暮らしを始めた才能豊かな女性の足跡をたどる。監督は、『犬に名前をつける日』に携った松谷光絵。
『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』は2017年の映画。『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
新宿武蔵野館で一週間限定公開されている『MATSUMOTO TRIBE』を観るのに時間が空いたので鑑賞しました。
予備知識もなく、予告編も見ていません。

アメリカはバーモント州の森の中で暮らす、絵本作家で人形作家で園芸家のナチュラリスト、ターシャ・テューダーの91歳からの1年間を追ったドキュメンタリーです。

本作は観てる途中、てっきりアメリカのドキュメンタリー映画かと思ったんですが、エンドクレジットが日本人の名前ばかりでして日本映画だったのですね。

また、映像がとても綺麗だったので最近撮られたものかと思ったらターシャさんは2008年に亡くなられてたので、結構前なんですね。
公式サイトによると当時ハイビジョンで撮ったものをデジタルリマスターしたらしいです。

~ターシャ・テューダー生誕100年企画~アメリカを代表する絵本作家であり、世界中に愛された<スローライフの母>ターシャ・テューダーの魅力を解き明かす永久保存版ドキュメンタリー
それで、わたし、このターシャさんを全然知らなかったんですが、元々2005年にNHKで放送されて反響を呼んだみたいで、本作はその時の映像を再編集したものかもしれません。
アメリカのバーモント州郊外に、世界中のガーデナーが憧れる庭がある。庭の主は絵本作家のターシャ・テュー・・・
アメリカで最も愛される絵本作家の一人、ターシャ・テューダー(2008年没・享年92)。彼女の紡ぎ出す・・・


ターシャさんが描く絵や人形もホント可愛らしかったです。

ターシャさんの話で面白かったのは、ガーデニングと言ってもやってることの殆どは(雑草の)草むしりだけどね、と言って笑ってるところが面白かったです。

それにしてもターシャさんはよく働きますね。全て手作りで時間のかかることばかりなので、好きじゃないと出来ないなぁと思いました。
ターシャさんが良いのは、ナチュラリストといっても押しつけがましく無くて、自分が好きでやってるのが伝わってくるんですよね。
ナチュラリストとか言って大麻吸ってる場合じゃないですよホントに。

ターシャさんの喋りと絵と人形とコーギーと庭と美味しそうな料理観てるだけで癒されますのでいいですよ。

山梨にミニミュージアムもある。

“山梨県 絵本の樹 美術館に併設するターシャ・テューダー ミニミュージアムのホームページです
ここの写真が綺麗かも。
輝ける季節しか見られない庭 皆様もご存じのターシャテューダー。 日本でも写真集がシリーズで発売され、一度はご覧になった人も多いのではないでしょうか。 (出典:)  …
アイスティー飲みたい!

角川シネマ新宿 水曜サービスデー 1100円
2017年 61作品目 累計61700円 1作品単価1011円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする