西遊記 評価と感想/フジテレビ連続ドラマ版の映画化

西遊記 2007 評価と感想
広告

全体的に  ☆2点

予告編

西遊記 DVD 予告 (Saiyuuki DVD Trailer)

映画データ

西遊記〈2007年〉|映画情報のぴあ映画生活
『西遊記〈2007年〉』は2007年の日本映画。『西遊記〈2007年〉』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

炎天下、果てしなく続く砂漠を行く、三蔵法師一行。
そう、語られるのはまだ、天竺大雷音寺を目指した旅の途中の物語……。

歩き疲れ、水は尽き、感じたままに不平を言う孫悟空(香取慎吾)が売ったケンカを、買う沙悟浄(内村光良)と猪八戒(伊藤淳史)。いさめる三蔵(深津絵里)。いつもながらの一行は、巨大な墓とそのもとへ駆けて来た大騎馬隊、それを率いる美しい少女に出会う。そして小さな町を見つける。

”虎誠(フーチェン)”というその国は、三蔵を求めていた。驚く一行を、赤いマントに身をかくした拳士が襲う。正体は先ほどの美少女、王女・玲美(多部未華子)であった。王宮で三蔵を待っていたのは、2匹の亀。呪いにより姿を変えられた、王(三谷幸喜)と王妃(相築あきこ)だという。玲美は一行に妖怪退治を依頼する。

かつて”虎誠”は、緑豊かな森と水源に囲まれ富み栄えた国だった。しかし突然現れた金角(鹿賀丈史)と銀角(岸谷五朗)によって一変したのだ。奴らは、緑と水をたった1日で砂漠にし、王と王妃を亀に変え、すべてを奪った。”虎の民”と呼ばれた勇敢な国民も、あまりの力に立ち向かう勇気を失ってしまう。玲美は一行を引きつれ、金角と銀角がいるという臥龍山(がりょうざん)へと向かう。

お師匠さんを破門する!
機械じかけの罠が次々と襲う中、一行は進む。そこへ凛凛(水川あさみ)がやって来る。金品をねらい”虎誠”の女官として紛れていた彼女は、王宮で金角と銀角を目撃。山に奴らはいないことを知らせに来たのだ。悟浄と八戒は玲美のウソに落胆し、三蔵も山を降りようとする。しかし悟空はここまでの道のりで玲美から感じたものを信じ、全員生きて帰ると交わした約束をつらぬこうとする。約束を守らない三蔵に怒りをあらわにして、悟空は玲美と山を登る。雪が舞うところまで来た一面の銀世界で礼を言う玲美に、悟空は”なまか”(=仲間)だろ、と笑った。

2人が着いた小屋は、玲美の祖父・劉星(小林稔侍)が暮らす家。中は彼の作った機械じかけのカラクリであふれていた。臥龍山はやはり、金角と銀角が住む山ではなかったのだ。

瓢箪に吸いこまれた!
”虎誠”まで戻った悟浄と八戒、三蔵であったが、三蔵は悟空を心配する。悟浄と八戒は安全な町に三蔵を残して、悟空を連れ戻しに再び山を登った。だが町は安全ではなかった。三蔵は王宮の衛兵に捕らえられ、金角と銀角の前へ。この国は奴らに支配されていたのだ。銀角に名前を呼ばれる三蔵。答えた者を吸いこんでしまう瓢箪に、三蔵は落ちてしまう。

玲美は金角と銀角に命じられ、劉星が持つ”無玉(むぎょく)”を取りに来たのだった。その玉は、太陽をさえぎる黒い雲を生み出す魔物を、封印から解く力がある。父と母を救うため、仕方がなかったのだ。劉星は玲美に苦言を呈す。国を治める者として間違っていると。飛び出す玲美。響く悲鳴!銀角が玲美を捕らえ、悟空の前に現れた。

銀角は”無玉”を奪って黒烈雲で飛び去る。悟空も筋斗雲で後を追う!
すさまじい空中戦、地上での激しい争奪戦が繰り広げられるが、決着はつかない。そこで銀角は三蔵の入った瓢箪を出す。悟空が瓢箪を手にする際に、銀角は”無玉”を手に入れる。悟空は三蔵を助けるため、凛凛に名前を呼ばせ、瓢箪の中へ飛び込むのだった!!

生きるために戦え!!
瓢箪に吸いこまれてしまった三蔵と悟空。”無玉”により蘇った魔物により、黒い雲に包まれた”虎誠”。最悪の状況の中、玲美の心に明るさは、”虎の民”に勇気は戻るのか!?最強の敵・金角と銀角を倒すことができるのか!?

できる!!!!
どんな逆境からでも立ち上がる”なまか”たち!三蔵の教えが人々の胸を打ち、悟空の如意棒が悪を撃つ!!物語は、いよいよクライマックスへ向かっていく!!!

(公式サイトより引用)

ネタバレ感想

色んなレビューサイトを見ると厳しい意見が多いようですね。

都内で土曜日のオールナイトレイトショー(23:00)で鑑賞。
台風接近に伴う雨の為かはわかりませんが、館内はガラガラでした(15人前後)。

「西遊記」は日本テレビの堺正章・夏目雅子版の連ドラ時は小学生くらいで毎週日曜日(だったかな?)楽しみにして見てました。

西遊記 DVD-BOX 1
堺正章
¥ 15,418(2018/11/15 18:02時点)

そのあと1993年の日テレの本木雅弘・宮沢りえ版のスペシャルドラマも見たと思うのですが、印象薄くて忘れました。

西遊記 [VHS]
宮沢りえ

同じく日テレ1994年の唐沢寿明・牧瀬里穂版の連ドラ「新・西遊記」(全17回)に至っては、全く記憶に無いです(笑)

~唐沢寿明・牧瀬里穂の~西遊記 [VHS]
唐沢寿明
¥ 19,800(2018/11/15 18:02時点)

12年ぶりのドラマ化となったフジテレビ月9の香取慎吾・深津絵里版は一応、毎週録画して見ていましたが、なぜあんなに視聴率が良い(平均視聴率23.2%)のかイマイチ理解できずに見ておりました。
連ドラというより、特撮ヒーロー物を見る感覚で、お子ちゃまに受けているのかなぁ?と思いながら見てました。

なので映画も期待しないで観に行った分、楽しめました。

ストーリー自体は相変わらずですが、映画版らしくテレビよりはスケールアップした感じがありましたし、テレビ画面よりは映像的にもスクリーンの大画面の方が合っていたと思います。

テレビ版では、セットセットした作り(映像)が好きになれなかったのですが、映画版はフィルムの質感もあって少し改善されてた気がしました。

ただ相変わらず、ウキーウキーうるさいのと、ナマカナマカと言い間違えるのは健在で、そこさえ耐えられれば何とか見れると思います。

鑑賞データ

シネマサンシャイン池袋 レイトショー割引 1300円

コメント