インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 評価と感想/猫かわいい

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 評価と感想
広告

八方塞がりだが… ☆3点

予告編

5月30日(金)公開『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』予告編

映画データ

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌|映画情報のぴあ映画生活
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』は2013年の映画。『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

物語の舞台はまだマスコミやレコード会社などが発達していなかった1961年、NYのグリニッジ・ヴィレッジ。ライブハウスで歌うフォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィスは、最近何をやっても裏目に出てばかり。一文無しで知り合いの家を泊まり歩く日々。つい手を出した女友達からは妊娠したことを告げられ、おまけに仕方なく預かるはめになった猫にも振り回される始末。山積みになったトラブルから逃げ出すようにルーウィンはギターと猫を抱えて人生を見つめ直す旅に出る。ジャズ・ミュージシャン、ローランドとの悪夢のようなドライブ、歌への信念を曲げれば成功するかもしれなかった有名プロデューサーのオーディション、年老いた父との再会の末、とうとう歌をやめて父と同じ船員に戻ろうと決意するが、それさえもうまくいかない。旅から戻りあらゆることに苦しめられ打ち拉がれたルーウィンはまたNYのライブハウスにいた。歌い終えたルーウィンがふとステージに目をやると、そこにはやがてフォークの世界を大きく変えることになる無造作な身なりの若者、ボブ・ディランらしきシンガーの姿が。同じような日々がまた回り始めたかのようにみえるルーウィンの人生。しかしその外側で、彼の想いを受け継いだかのように、新しい時代がすぐそこまでやってきていた……。

(公式サイトより引用)

ネタバレ感想

正直、ボブ・ディランとか1960年代のフォークに思い入れがないと辛いかなぁと思います。

カンヌ映画祭グランプリということですが、他のコーエン作品と比べて、とりたてて凄いかというと、それほどでも無い気がします(というか『バートン・フィンク』でパルムドール獲ってるんですよね)。

みどころはやっぱり音楽シーンですかね。音楽シーンは凄くよかったと思います。

あとはキャリー・マリガン演じるジーンとの妊娠・中絶におけるやりとり。キャリー・マリガンがこれでもかって口汚く罵ってて、ここは凄く面白かったです。

あとは、やっぱり猫ちゃん。猫ちゃんが実にいい仕事してます。どうやって撮った(演技指導)のだろうと思います。

映画観てると、ルーウィンは才能はあるんですが他人に迎合することはよしとせず、人の忠告も聞かないから、そういうところはフォークというかロックな生き方という感じがします。

そんな感じの主人公なので、最後は八方塞がりで、詰んだ(チェックメイト)感じもして、救いの無いようなお話の気もしたんですが、これたった一週間の出来事なんですよね。

そう思うと、長い人生のたった一週間を切り取っただけだし、まだまだ色々な可能性があるよなぁと思いました。

何より、ルーウィンが相方の死を克服できたのが救いだったと思います。

鑑賞データ

新宿武蔵野館 HPクーポン使用 1500円

コメント