STAND BY ME ドラえもん 評価と感想/このシリーズでリメイクしても面白いと思う

スポンサーリンク
広告(大

ドラえもんの世界観と3DCGの親和性は高い ☆4点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

国民的アニメであるドラえもんがピクサーやディズニーでおなじみの3DCGアニメとして初登場です。
ストーリーはマンガ原作初期をテンポよくアレンジし、いわゆるドラえもんの最終回までを一気に描いています。

原作の「さようならドラえもん」と「帰ってきたドラえもん」はワンピースでいえばチョッパーが登場するドラム島編くらい鉄板なので、ストーリーは分かっていてもドラ泣きする人が多いと思います。

特に、キャッチコピーの「すべての、子ども経験者のみなさんへ」とあるように大人ほど泣くと思います(一緒にきている子どもたちの方が淡々としてた(笑))。

基本的にはドラえもんのマンガで言いたいことは全て凝縮されてますし、記念碑的作品の意味合いが大きいのでしょうが、ドラえもんの世界観(ひみつ道具やタイムマシン、そして何よりドラえもんそのものの形状)が3DCGと非常に親和性が高いので、今後も過去の映画作品などを3DCG版にリメイクしてくれたらいいなと思います。

池袋HUMAXシネマズ 一般料金 1800円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする