「 2017年06月02日 」一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー
『光』(河瀬直美監督)評価と感想/百聞は一見に如かず、なのに会話が成立しない映画

『光』(河瀬直美監督)評価と感想/百聞は一見に如かず、なのに会話が成立しない映画

押しつけがましい人 ☆2.5点 1997年『萌の朱雀』で第50回カンヌ国際映画祭カメラドール受賞、2007年『殯の森』で第60回カンヌ映画祭グランプリ受賞した河瀨直美監督が、前作『あん』の永瀬正敏さんと、ヒロインに水崎綾女さんを迎え、弱視のカメラマンの男性と視覚障害者向け映画音声ガイド制作に従事する女性との交流を描いたラブストーリーです。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)